未分類

千と千尋の神隠し

スタジオジブリの作品の代表作の1つと言っても過言ではないのが「千と千尋の神隠し」ではないでしょうか。 このお話は10歳の千尋という少女が両親とともに引っ越しをする移動中に、森の中で異世界へ迷い込むところから始まります。 両親は神仏の供物を食べてしまった罰から豚に変えられてしまった上に、帰り道がなくなり千尋も消えかけてしまいます。 そんな窮地を救ったのはハクという少年でした。 ハクという少年はなぜか千尋のことを知っている様子で、仕事をしないと動物に変えられてしまう千尋に職の手助けまでしてくれます。 千尋は名... Read More

未分類

戦争の時代を重たくないように描いた作品

戦争や原爆を題材にした作品は、どこか重い印象があるので、なかなかとっつきにくかったり、平和学習としてお子さんに紹介したくでも、恐いのがトラウマになってしまうことがあるので、難しいと思います。 私自身もそうでしたが、この「世界の片隅に」というドラマは、優しい感じで戦争の恐さを伝えてくれる作品だと感じたので、お勧めです。 先だってアニメ映画が放映されていましたが、見ていなくてもついていける内容になっていたり、朝ドラに出ているなど見慣れたキャストであり、実写化しても違和感がなかったところも、視聴しやすい理由の一... Read More

未分類

『銀河鉄道の夜』を原作より前に見ると・・

この作品が原因で、大きな誤解をしていたことがあります。 このアニメ映画を見たのは私が子供のころ、映画が上映されていたころです。映画を見た後で原作の小説がほしくなり、書店で探したのですが全然見つかりませんでした。 『銀河鉄道の夜』は今でも残る名作なので、それが書店にないなんて考えられませんが、当時の私が探していたのは2匹の猫が主人公の物語です。なので男の子が2人並んでいる表紙を見ても「これは違う!」と、この挿絵は間違っていると思っていました。子供だったとはいえ、ちょっと恥ずかしい思い出です。 キャラクター以... Read More

未分類

アルプスの少女ハイジ

私は先日、このアニメを観ました。 某CMでハイジを見かけるようになり、なんとなく気になっていました。 実際にアニメを観てみると、ハイジがとても可愛らしく、この子ならばあの頑固じいさんも負けてしまうだろうと思いました。 そして、先日始まった朝を観ていたら、主人公とおじいさんの様子を観て、このアニメを思い出してしまいました。 朝ドラでは赤の他人ですが、アニメは実の孫娘なので、そこが違っていますが、なんとなくイメージが近いように思いました。 ハイジのように天真爛漫で素直な子供はなかなかいないように思います。 彼... Read More

未分類

斉木楠雄のΨ難のサクッとした軽い笑いに癒される

私がイチオシなのは、「斉木楠雄のΨ難」です。 実写版が映画になりましたが、本命はアニメのほう。 ジャンプで読むよりも世界観が広がり、軽い笑いがそこかしこで止まりません。 生まれながらにして超能力者という斉木楠雄は何事にも動揺せず、至って平凡を好む高校生なのですが、なにせ超能力者なのでトラブルが起きまくりです。 加えて、周囲にいる人がみんな変人というところが肝。 両親はラブラブで楠雄の超能力を当てにしながら生きているところが、まず変です。 私が大好きなキャラは、なんといっても燃堂。 何も考えていないから楠雄... Read More

未分類

ガン×ソードは実質フレンズ?

けものフレンズが10年に一度の大当たりをしたことで、ツイッター界隈でにわかに注目を集めたアニメがあります。 その名も『ガン×ソード』。 痛快娯楽復讐劇とキャッチコピーが銘打たれ、放送までロボットアニメである事が伏せられていたため単に荒野を舞台にしたトライガン的なアクション(舞台設定は非常にトライガンに似ていますが)と思われていました。 が、設定で面食らったのも束の間怒涛の展開からのクライマックスで長く語り継がれる知る人ぞ知る名作となりました。 で、なぜけものフレンズの名前がここで出てくるのかと言う話ですが... Read More

未分類

アニメ~あたしンち~

読売新聞の日曜版に掲載されていた漫画をアニメ化したものです。 このアニメは高校生のみかんと専業主婦の母、サラリーマンの父、弟で中学生のユズヒコの都内のマンションに住む立花家4人が中心となっています。このアニメはこれといって主人公は決まっていないと思います。 アニメのエピソードは家族内の話やみかんの通う高校での話、母の主婦友達の話、ユズヒコの通う中学校での話などがあります。内容も日常のあるある話が多く、思わず笑ってしまうようなものが多いです。 キャラクターは個性的で、みかんはテディベアを作るなど手先は器用な... Read More

未分類

ガヴリールドロップアウト

天使と悪魔、それぞれ二人、合計四人が人間界で女子高生として生活している日常を描くコメディです。 各キャラクターの成果付けが実に良いですね。 ここでは分りやすくするために、天使・悪魔それぞれに主・副という区別付けで呼ばせていただきます。 天使・主は本作の真の主人公です。人間界へ来るまでは実に模範的で優秀な天使でしたが、人間界での様々な娯楽の誘惑に負けて以来昔日の面影が全く見られないほどの駄天使(堕天使ではありません)と成り下がっています。 しかも本人は自らの口でそれを名乗っている程ですから。自覚があるだけ立... Read More

未分類

爽快なアニメ、ワンパンマンについて

私がおすすめしたいと感じるアニメはワンパンマンです。 最近、アニメでは長いタイトルのものが増えてきたと思います。そんな中でワンパンマンという簡単で分かりやすいタイトルとなっているのですが、これは本当にタイトルそのままで主人公のサイタマがどんな敵であろうともワンパン、つまり一撃で倒してしまうというものです。 しかし、主人公が強くかっこいいかというとそうではない部分が多く、実力派最強と言ってもおかしくないのですが、周りに強い敵がおらずだんだんと闘志がなくなっていったり、強さと引き換えに頭の髪が無くなりハゲてし... Read More

未分類

ダメな「おとうと」でも姉は母親であり姉

今日ご紹介するのは、山田洋次さん監督の「おとうと」です。 私が、この映画に出会ったのは父親の誕生日の日でした。 その日、私はみんな久しぶりに会いました。 兄妹がそろい親父は嬉しそうに座って私の家族と話していましまた。 そんな、親父と私達の家族のお祝いの席でした。 そんな場面でしたので記憶に残っています。 それは、私が親父のためにDVDを借りたことにあります。 この映画は、「おとうと」と題名があるように姉と弟の絆の話しです。 その話しは、姉や兄妹がいる人なら見ればきっと解ります。 一人で見てももちろん解りま... Read More