未分類

ガール・ミーツ・ガールとおとぎ話を混ぜた不思議なアニメ「ハナヤマタ」

私が今日お勧めするアニメは、2014年に放映されたアニメ「ハナヤマタ」です。

このアニメは、けいおんのような美少女部活アニメに、

踊りであるよさこいと、おとぎ話のような作風を混ぜ合わせた、

非常に不思議なアニメです。

このアニメの見せ場は、1話で、主人公である関谷なるが、

金髪の美少女であるハナと出会うシーンと、

最終話の、みんなでよさこいを踊るシーンなのですが、

そのどちらのシーンも、どこか非現実的で幻想的です。

そう、まるでおとぎ話の1シーンのような、

ファンタジックなシーンになっているのです。

この手の美少女アニメや、ガール・ミーツ・ガールもののアニメは

今の日本にたくさんありますが、

それにおとぎ話のような光景を混ぜ込んだアニメは、

このハナヤマタ以外にありません。

なのでハナヤマタは、おとぎ話が好きな人に、

特にお勧めできるアニメだと言えます。

もちろん、このハナヤマタの売りは、

ファンタジックなシーンだけではありません。

ガール・ミーツ・ガールものとしても、

完成度が高いアニメです。

5人の個性的な少女が出会って、よさこい部を作り、

一生懸命練習して地元の祭りに出るという大枠の流れは、

部活ものの基本を押さえています。

ただひとつ違うのは、この5人がやっているものが、

スポーツでもバンドでもない、よさこいという和風の踊りであるところです。

ですので、熱血運動部ものでも、かっこいい音楽系ものでもない、

どこか風変わりな部活ものになっています。

しかし、最終回で披露されるみんなのよさこい踊りは、

ライブ系アニメのライブシーンと同等か、

それ以上に迫力があります。

なので、部活アニメとしても、このハナヤマタは魅力的だと言えるでしょう。

古から続く、古き良きガール・ミーツ・ガールものの部活ものと、

おとぎ話のような幻想的な物語、

この2つがうまくミックスされているアニメ、

それがハナヤマタです。

普通の萌えアニメに飽きたけど、

熱血系のアニメもあまり好きではない方、

どこか風変わりなアニメが見たい方に、

お勧めできるアニメです。

特に、アニメの1話と最終話は、

ハナヤマタらしさが非常に強く出ているのでお勧めできます。

ですので、おとぎ話のような物語が好きなら、

せめて1話だけでも見てみるとよいでしょう。