未分類

マージャンの玄人(勝負師)を描いた作品!

私が今回オススメするアニメは”哲也-雀聖と呼ばれた男”です。

このアニメは終戦後の混乱期の新宿を舞台としたマージャンのプロ(玄人、勝負師)を描いた物語です。

今までこのアニメの存在は知ってはいたのですが主人公が2枚目なのが気に入らずにずっと敬遠していましたが(それに私は”アカギ派”なので(笑))観てみたら大変面白く、20話まで一気に観てしまいました。

かけだしの玄人(ばいにん)であり哲也は房州(ぼうしゅう)さんとの出会いをきっかけに次第に覚醒してゆく主人公哲也の勝負師としての成長を描いた物語です。

次々と現れる様々な特徴を持つ強敵達が出てくる展開がとても面白く、強敵達との死闘を制していく哲也達の姿は正に爽快であります。

魅力的なキャラクターとしては師匠役の房州(ぼうしゅう)さんや兄貴分のユウさんが魅力的です。

基本、マージャンアニメなのですが、子供向けでははくどちらかというと大人向けの作品であり、正統派のマージャンのように相手の捨て牌から予測するというものではなく、ワザと呼ばれるものはイカサマであり「バレなければそれはイカサマでは無い」という論理の元に構築されている物語であります。

何が言いたいかと言うと勝負師というのは勝つことが目的であり手段は選らばないということをわからせてくれるお話であります。

女性はあまり出てきませんが、終戦後ドサクサの古きよき昭和の雰囲気とギャンブラー同士の本気のせめぎ合いを体感したい人にはオススメの1作であります。

私はアガギ派で他のマージャンアニメは観たくなかったのですが(アカギよりも優れたアニメである可能性を秘めたものを観たくなかったので)、アカギとはまたテイストの違ったアニメであり、”似て非なるもの”という感じでどっちの作品も楽しめると思い、アガギ好きの人にもオススメできるマージャンアニメだと思いました。